『かんたんPerl倶楽部』

技術評論社から発刊された拙著『かんたんPerl』のサポート ブログです。本書への質問、本書に載せきれなかったテクニック、セミナーなどの情報(予定)などを載せていきます。※正誤表の情報はこちらをご覧ください。

カテゴリ: YAPC::Kansaiぶらり旅

※すみません、まだ前夜祭の前日、3月2日夜の話で、Perlはおろかコンピューターの話も出ません。。

ということで喫茶店のお姉さんから大阪の外食事情を聞いて納得したぼくは、日本橋からナンバ付近を逍遥した。
最初は串カツのお店を当たったが、折悪しく満室だったり、前で観光客が相談していたりして、いまいち食指が伸びなかった。
もう玉子が混ざったカレーでも食べて帰ろうかな…と思ったとき、一件の店が目に止まった。

ホルモン焼き屋さんである。
カウンター席にずらっと鉄板が並んでいて、この店なら一人でもいけるかなと思った。
お姉さんに「いらっしゃいいらっしゃい! 焼かせてもらいます」と言われ、勢いに押されて店に入った。
その時はぼくしか客がいなかったけど、店の中は清潔で、ふだんはだいぶ栄えている店のようだ。

最初、鉄板がぜんぶ斜めっているのが気になっていて、何らかのメンテナンス中なのかなと思っていたが、これが通常のスタイルらしい。

C56iyUgVUAAPjSc

はじっこに穴が空いていて、肉汁が全部味噌ダレの中に入るシステムだ。
へー。
とりあえず生ビールを頼んだ。

メニューを開くと、いろいろな部位のアラカルトや一品料理、炭水化物もあって、目移りする。
相談の結果、とりあえずコースを頼んだ。
2500円。

ここで「焼かせてもらいます」という意味が分かった。
鉄板1枚につきお姉さん(お兄さんのこともあるだろうが)が一人付き、絶妙な手つきで肉と野菜を焼いてくれるのだ。
いい焼き加減になった肉を野菜に乗せてくれる。
ぼくは「旅先に来て一人焼肉かー」と寂しく思っていたのだが、この店のスタイルは抜群だ。
いろいろ肉の話や、大阪の話をしながら、肉をジュージュー焼いてくれる。

最初は白ダレと言って、塩+ニンニク味のあっさりしたタレ。
これがおいしかった。
お肉も新鮮で、この店はイケるよ!
イケメンのお兄ちゃんが包丁を振るっているが、沖縄の人ということだった。

後半は黒ダレと言って、さっきから肉汁が溜まっている甘い味噌味のタレでいただく。
ぼくはちょっと甘いのが苦手なので白ダレの方がいいけど、黒ダレがハマる人もいるだろう。

最後はいろいろな肉汁が渦巻いている鍋で焼きそばを焼いてくれる。
これ、2500円で確実におなかいっぱいになるよ!
超おいしかった。

C56uNdrVUAADDJL

が、旅の疲れか、急速にビールが回って来たので、残念ながらここでギブアップ。
ううん、コンディションを整えてまた行きたいな!
でも大阪だからそうそうは行けないな!><

C56uNdoVUAAcNqG

ということで、この店、「焼肉 ホルモン 坂上 裏なんば」はオススメ!
ひとり焼肉もいいですよ!
(梅田に本店があるらしい)

酔い覚ましにそのへんをふらふら歩いた。
歩道沿いに寺院というか墓地があって、歩きながらお参りできるようになっているところがあって面白かった。

C56uoVDU4AAZPm1

C56uoVFU8AAlyP0

ということで、たっぷり一人旅を満喫した。

大阪に投宿する。
3月3日の前夜祭に出て、3月4日はYAPC本番で、3月5日に帰るから、2泊3日はしたいところだ。
ところが、ぼくは3月2日に関西の知り合いを訪ねたいと思っていて、勝手に前乗りして3月2日から3泊4日にした。
再びところが、ぼうっとしていて3月2日のアポを取っていなかったので、結果的に余分に一人で大阪に泊まることになった。

IMG_8654
続きを読む

↑このページのトップヘ