『かんたんPerl倶楽部』

技術評論社から発刊された拙著『かんたんPerl』のサポート ブログです。本書への質問、本書に載せきれなかったテクニック、セミナーなどの情報(予定)などを載せていきます。※正誤表の情報はこちらをご覧ください。

カテゴリ: 訂正とお詫びのコーナー

 本ブログで、正誤表について過去2回お送りしてきました。正誤表は、これまで技術評論社さんのサイトと、本ブログと両方に掲載されていましたが、今後は本ブログのみとなり、技術評論社さんのサイトにはリンクが掲載されることとなりましたので、このブログ エントリーに正誤情報をまとめます。今後何らかの情報が追加されたら(ないことを願っていますが!)このエントリーに追記しますので、今後はこちらをご参照ください。お手数をお掛けし、誠に申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。

紙書籍初版 第1刷正誤表(電子書籍版では修整済み)

 以下の通りです。
 技術的背景を加えた詳しいバージョンは以下のブログ エントリーをごらんください。
 Opus 2:正誤表の解説 : 『かんたんPerl倶楽部』

表記の間違い

p.112 下から9行目

(誤)
ありぃ~(ary~?)うまくっていませんね。

(正)
ありぃ~(ary~?)うまくっていませんね。

余計な文

p.117 サンプル プログラムmonth12.pl中
p.160 サンプル プログラムmonth12.pl(再掲)中

(誤)
use 5.010;
use strict;
use warnings;
 
my $num = 1;

my @month = (undef, "January", "February", "March", "April",
  "May", "June", "July", "August", "September",
  "October", "November", "December");

(正)
use 5.010;
use strict;
use warnings;
 
my @month = (undef, "January", "February", "March", "April",
  "May", "June", "July", "August", "September",
  "October", "November", "December");
 

足りない文

p.563 サンプル プログラムtrName.pl中

(誤)
use 5.010;
use strict;
use warnings;

use utf8;

(正)
use 5.010;
use strict;
use warnings;

use utf8;

if ($^O eq "MSWin32") {
  binmode STDOUT, ":encoding(Shift_JIS)";
} else {
  binmode STDOUT, ":encoding(UTF-8)";
}


説明の間違い

p.438 下から9行目

(誤)
ファイルハンドルDATAで取得する__DATA__以降のデータは、プログラムと同じUTF-8のテキスト ファイルに保存しますから、binmodeの:encodingにはUTF-8を指定します。
 そして、
標準出力(STDOUT)の文字コードをOSによってWindowsの場合はShift_JIS、それ以外の場合はUTF-8にbinmode指定します。

(正)
ファイルハンドルDATAで取得する__DATA__以降のデータは、プログラムと同じUTF-8のテキスト ファイルに保存されていますが、use utf8;の影響範囲にありますから、UTF-8内部文字列なので、binmodeの指定は不要です。
 一方、
標準出力(STDOUT)の文字コードは、従来通りOSによってWindowsの場合はShift_JIS、それ以外の場合はUTF-8にbinmode指定します。

余計な文

p.492 サンプル プログラムremoveDup.pl中
p.492 サンプル プログラムremoveParen.pl中
p.592 サンプル プログラムremoveTeam.pl中
p.514 サンプル プログラムsortNameReading.pl中
p.561 サンプル プログラムsortNameReading.pl(再掲)中

(誤)
use utf8;

binmode DATA, ":encoding(UTF-8)";

if ($^O eq "MSWin32") {
  binmode STDOUT, ":encoding(Shift_JIS)";
} else {
  binmode STDOUT, ":encoding(UTF-8)";
}
(正)
use utf8;

if ($^O eq "MSWin32") {
  binmode STDOUT, ":encoding(Shift_JIS)";
} else {
  binmode STDOUT, ":encoding(UTF-8)";
}

part 2: 紙書籍初版 第1刷および2016-01-16版電子書籍正誤表

 上記part 1に加えて以下の通りです。
 技術的背景を加えた詳しいバージョンは以下のブログ エントリーをごらんください。
 Opus 7:正誤表(2)第3章練習問題2について : 『かんたんPerl倶楽部』 

コードの間違い

p.95 サンプル プログラムmonthName.pl中

(誤)
my $year = "January 1 February 2 March 3 April 4 May 5 June 6 July 7 August 8 September 9 October 10 November 11 December 12";

(正)
my $year = "January 1 February 2 March 3 April 4 May 5 June 6 July 7 August 8 September 9 October 10 November 11 December 12 ";

※文字列の末尾、引用符の前に半角空白を加えます。

(以上)

 sironekotoroさんという方が、拙著『かんたんPerl』(以降本書と呼びます)をご購入の上、学習日記を公開してくださっています。ありがとうございます。
 で、その中の記事で、第3章の練習問題2が間違っているのではないだろうか。それも問題文に誤りがあるのではないか、というご指摘がありました。

かんたんPerl 第2章〜第3章 - sironekotoroの日記

 内容を確認したところ、たしかに本が間違っていたので、sironekotoroさんにご連絡し、ブログの紹介をご快諾いただきましたので、ここにご紹介すると共に、本書の内容を訂正してお詫びします。

Pearl-variety hg
続きを読む

 ブログにはカテゴリーというものがあります。第1回(Opus 1)のカテゴリーは「本ブログについて」というものでした。こちらは、本ブログの説明や運営上の連絡事項に使います。続いて、いまお読みになっている第2回(Opus 2)のカテゴリーは「訂正とお詫びのコーナー」です。
続きを読む

↑このページのトップヘ