今日はCMポストでスミマセン。
 気が付いたら、拙著『かんたんPerl』が、紙書籍だけじゃなくて各社から電子書籍で出ています。

Coffee and eBooks (5961117143)
 紙書籍版(3,218円)Amazon.co.jp: かんたん Perl (プログラミングの教科書): 深沢 千尋: 本

 Amazon Kindle版(2,980円)Amazon.co.jp: かんたん Perl 電子書籍: 深沢千尋: Kindleストア

 楽天 Kobo版(3,218円)楽天ブックス: かんたんPerl の検索結果

 技術評論社版(2,980円)かんたん Perl | Gihyo Digital Publishing … 技術評論社の電子書籍

 Amazon Kindle版、楽天Kobo版は、それぞれ専用アプリまたは専用端末からで、アカウントを使ってご利用がいただけます。
 ひとつ要注意なのが、Kindle版はKindle端末(PaperwhiteやFire)がなくても、iPhone、iPad、Androidスマホ、そしてPC、Macで読むことが可能であるということです。名前がKindleであることにだまされないでください。
 私、去年「睡眠時無呼吸症候群とぼく」という電子書籍をKindle自己出版したんですけど「キンドル持ってないから読めません」と大勢の人に言われました! これ、Amazonの営業戦略ミスだと思うよ!

 それにしても、Koboは消費税込み、Kindleは税抜きなのが解せませんね。つまりAmazon社は日本の消費税払ってないんですね。ま、どっちでもいいですが…。

 で! この中でオススメなのが、やっぱり技術評論社版ですね。いまんとこPDF版だけの販売ですが、製作中のEPUB版も出来しだいダウンロードできるそうですよ。
 値段が2,980円となぜか税抜きで、しかも、なんと、DRMがついてないんですよ!
 KindleやKoboは、本を買ったと言っても、「本を読む権利」を買っただけで、会社が潰れたり、サーバーが潰れたり、なんらかの事情で読者のアカウントがBANされたときは(間違ってBANされた人がいたそうですが)その本が読めなくなってしまいます。
 でも、技評版『かんたんPerl』をお買い求めいただくと、なんとファイルが手元に届くので、一生手元にファイルが残るんです!

 ぼく、世情に疎くて知らなかったんですけど、技評さんはメジャーなタイトルをバンバン「PDFとEPUBのバンドルキット」で売り出してるんですね。すげえな。ここまで先進的な出版社だったとは…。
 でもまあ、Koboはポイントが使えるし、Kindle版も圧倒的に他のタイトルが多いので、Kindleアプリ1つの中で本棚を完結させたい方にはいいかもですね。紙書籍も人に貸せるし、古本が売れるし、お会いしたらサインしますよ! それぞれお好みのバージョンをお買い求めくださればいいんじゃないでしょうか!(なんだこのブログ!)

 技評さんの電子書籍ですごいのがなんといってもSoftware Designのバックナンバー総集編です。なんとDVDに過去のSDがすべて収録されてるんですよ! コンピューター雑誌のバックナンバーというのは読むと色んな意味で面白いので、これはおすすめです。