『かんたんPerl倶楽部』

技術評論社から発刊された拙著『かんたんPerl』のサポート ブログです。本書への質問、本書に載せきれなかったテクニック、セミナーなどの情報(予定)などを載せていきます。※正誤表の情報はこちらをご覧ください。

 今日も「かんたんPerl補遺」として、本書では紹介しきれなかった関数を紹介します。前回(Opus 9)ではリストをリストに変換するmap関数を研究しました。
 復習すると、

my @出力リスト = ();
for (@入力リスト) {
 push @出力リスト, 関数($_);
}

のような処理は、

my @出力リスト = map {関数($_)} @入力リスト;

のように書き換えられます。
 短く、スッキリしますし、数珠つなぎできるのでラクチンです。
 リストをリストに変換するのはmapと覚えましょう。

 さて、grepはmapと似ていますが、リストから値を抽出してサブセットのリストを作る関数です。

Aurore-gr5
続きを読む

 今日からまた新コーナー「たまに書くならこんなPerl」をスタートします。
 コンピューター言語の入門書なんか読んでいて「理論は分かったけど、これどういう風に使えばいいの?」、「この人本当に実生活でプログラムを使ってるの?」と思ったことないですか。ぼくはしょっちゅうあります。書く方も結構辛くて、入門書は基本的な理論、機能を1個ずつ紹介するので、どうしても実験的な、教材丸出しのプログラムになりがちですね。特に最初の方は後で出てくる機能を使う機能を使えないという縛りがありますから、なかなか苦しいです。『かんたんPerl』は、そんな中でもせいぜい実用的な、現実社会をよく写したプログラムを書くように苦心したつもりですが、どうでしょうね。
 前置きが長くなりましたが、今日はぼくが現実社会で使っているプログラムをお見せして、こんな風にPerlが活かせるということを楽しんでいただけると幸いです。今日のお題は「PASMOを読み込んでマネーフォワードにアップロードする」です。
続きを読む

↑このページのトップヘ